蕪村寺−妙法寺の寺宝−


 与謝蕪村は明和3年(1766)の秋から明和5年(1768)の夏にかけて何度か讃岐・香川を訪れた。蕪村の讃岐行脚の目的は画業にあったといわれる。画業において一応の地位を得、さらに俳諧も本格的に取り組んでいこうとする蕪村にとって讃岐への旅は、自分に課した再修業の意味があった。風景の美しさや、土地にまつわる数々の文学や歴史に触れながら、心ときめくものであったに違いない。
 俳人画家・与謝蕪村の讃岐時代に、蕪村が妙法寺に滞在して揮毫した「蘇鉄図」など大作6点があり、寺宝として大切に保存されている。妙法寺が一名「蕪村寺」といわれる所以である。

紙本墨画「蘇鉄図」 四曲屏風、一双
(附)
紙本淡彩「竹の図」 一幅
紙本淡彩「寿老人の図」 一幅
紙本淡彩「山水図」 三双、明和5年(1768)
紙本淡彩「山水図」 一双
紙本淡彩「寒山拾得図」 襖貼付、四面
国指定重要文化財<昭和46年6月22日指定、絵1669号>


 明和3年(1766)、51歳の蕪村は京都を離れ、讃岐へ赴く。讃岐・琴平には望月宋屋門下の俳人が多く住んでいて、その中に当時妙法寺檀家総代の菅暮牛(琴平の豪商)がいた。
菅暮牛をはじめとする琴平の俳人仲間を訪ねるため、明和3年のある秋の夕方、蕪村は海路・丸亀の港に上陸した。そして一夜の宿を借りるべく妙法寺を偶然に訪れた。妙法寺中興10世住職の真観上人の時であった。その時の蕪村は無一文で、まるで乞食のような格好であったと伝えられている。
 その後、菅暮牛の案内で再び妙法寺を訪れる機会を得た蕪村は、真観住職との再会を喜ぶとともに菅暮牛、一夜の善根宿と運命的な再会が縁で、絵を嗜好していた真観住職と意気投合し、蕪村との親密な交流が始まったのである。
 以後、讃岐滞在の間に数回にわたり妙法寺を訪れ、明和4年から明和5年の初夏にかけて妙法寺に逗留し、お礼の意味を込めて、蕪村は客殿の襖を表装し、絵を描き、真観住職の歓待に応えたのである。京都へ帰るとき、当山で俳句を残している。

  長尻の春をたたせて棕梠(しゅろ)の花

と讃岐香川での様々な思い出を胸に、少々長く逗留しすぎたことを詠んでいる。
 「蘇鉄図」、「山水図」「寒山拾得図」は描かれた当初は本堂の襖絵であった。 蘇鉄図は四間八枚の本堂上座敷の襖絵、山水図はそれぞれ七間六枚の内襖絵、「寒山拾得図」は内陣と下陣を仕切る三間四枚の大襖絵であった。
 妙法寺中興15世真延住職は、「約百年前に描かれた蕪村の大作であるが、年月とともに襖が剥げ傷んできた。思い切って屏風に改装して、寺宝として後世に残したい」と発願された。こうして文久2年(1862)に襖絵から屏風に改装されたのであった。蕪村から絵を描いてもらった真観住職は初めの功労者であり、真延住職は後の功労者である。

○蘇鉄図


大きな画面に蘇鉄が両手を広げた大胆なV字型の構成をとって、自由奔放な筆致で描かれている。強靱で鋭い気迫のこもった筆さばき、淡墨の蘇鉄の重なり具合に蕪村の妙技が感じられる。ほとんど淡墨で統一されたこの画面の魅力はたっぷりと水気を含んで潤った墨色そのものであろう。
款記は「階前闘奇 酔春星写」とあり、妙法寺本堂の前庭に群生していた、南国の植物である蘇鉄は、蕪村にとって珍しく目に写ったのに違いない。酔とあるのは春星と号した蕪村が真観住職のすすめで酒を数盃飲み干し、酔いに乗じて一気に描いたといわれている。
まさに蕪村の讃岐時代を代表する一大作品である。



○竹の図

中国の画家・董其昌の絵をまねて描いたもの。款記は「擬董其昌 虚洞写」とある。 画面のどこかで絶えず動いて止まぬ竹の葉の描法は絶妙である。
虚洞は蕪村の号で、京都東山三十六峰にちなんで三十六の号を使い分けていた。



○寿老人の図

寿老人は七福神の一人。
施された藍が岩の量感を増大させ、画面を安定させている。頬のほのかな赤みがほろよい機嫌を彷彿とさせ、何とも微笑ましい。緩やかな描線は、温雅な寿老人像を印象付け、蕪村自ら楽しむために描いたような心和ませる作品といえる。
款記は「虚洞写」。




<Information>

蕪村の各絵について、通常拝観公開はしておりませんのでご了承ください。公開日が決定されたら連絡を希望される方はメールか郵便にて当方へお知らせ下さい。








◆『絵葉書』の頒布のご案内

「蘇鉄図」「竹の図」「寿老人の図」が1セットとなった絵はがきがございます。
希望者は下記リンク(頒布ページまたはフォームメール)から
お申し込み下さい。

1セット200円(送料実費願います)。

※郵便振替用紙を同封しますので、到着後にご入金ください。
※郵便番号7桁化以前に制作したのものですので、
郵便番号欄は5桁となっておりますことご了承ください。


◆色紙『寿老人の図』の頒布のご案内

「寿老人の図」の色紙がございます。
心安らぐ蕪村画を床の間やお部屋に飾ってみませんか?。
希望者は下記リンク(頒布ページまたはフォームメール)から
お申し込み下さい。

1枚1,000円、たとう紙入り(送料実費願います)。


※郵便振替用紙を同封しますので、到着後にご入金ください。
※製作時からの経年を鑑み、頒布金額を2,000円から1,000円に改定しました。
昭和50年代製作ということをご理解の上、在庫限りの頒布となりますので、
予めご了承ください。


★頒布コーナーへリンク★


 お申し込みの『フォームメール』はこちらから


【過去の蕪村画一般公開について】

★平成24年11月3日(土)〜4日(日)の蕪村画一般公開に関して[公開は終了しました]
★平成19年11月2日(金)〜4日(日)の蕪村画一般公開に関して[公開は終了しました]
★平成17年11月5日(土)〜6日(日)の蕪村画一般公開に関して[公開は終了しました]




よみがえった蕪村の絵

蕪村の「蘇鉄図屏風」と「寒山拾得図襖絵」は、心ない者の仕業によって黒の油性フェルトペンで落書きされるという不慮の事故に見まわれたことが昭和42年11月に発見された。蘇鉄図は幹や葉の中に数カ所、寒山拾得図は両方の目に付けまつげをしたような落書きであった。
昭和46年に国指定の重要文化財に指定された際には、この加筆を消すという条件があったが、それでも美術的文化財としての価値を損なうものではないという判断があったという。
その後、文化庁文化財保護部や国立文化財研究所において油性インクに作用する薬品(ピリジン)でインクの染み抜きが試まれたが、油性インクが紙ににじんで広がってしまってうまくいかなかった。文化庁はいろいろと手を尽くされたが、技術的に不可能ということで結果として完全な修復がなされないで絵が妙法寺に戻された。
さて、江戸時代の文人画を世界に紹介し、美術評論家で、特に蕪村の研究家でもある鈴木進氏(元文化庁の文化財調査官)が、表具師一筋50年の名古屋の整古堂・武智光春氏に油性インクの染み抜きについて相談を持ち込んだ。昭和52年のことであった。武智氏は、「墨とインクは異質のものだから必ず取れるはず」と前向きに応対され、武智氏は丸亀・妙法寺に調査に訪れたのである(写真=武智氏)。
名古屋に戻った武智氏は、国立文化財研究所の研究成果をふまえながら薬品専門家の協力を得て200種類及ぶ様々な薬品を研究・実験して、最後に残ったのがHMPA(ヘキサ・メチル・ホスファルド・アミド)というものであった。これは腐臭を伴う劇薬で発ガン性もあるという。この薬品ならば墨絵自体に影響を与えず油性インクを脱色できる。これは過去に例のない世界初の技術である。
200年前の間似合(まにあい)というシミの落ちにくい泥の混じった和紙がHMPAという劇薬を使用してのインク除去作業に耐えられるかが最大の問題であったが、文化庁の許可が降りて昭和57年11月に武智氏のもとに預けられた。
武智氏は、大きなガラスの円筒撹拌(かくはん)機を作り、その中にステンレスメッシュで絵を巻き込み、パイプで円筒に溶剤の薬品を送り、温度を60度に保ち、円筒を手で静かにゆっくり回転させるという工夫をされた。この回転作業を休まずに交代で行い、1枚の絵に染み抜きに50時間をかけた。最後に劇薬の溶剤HMPAを中和させて終わる。筒から取り出した絵の水気を和紙で吸い取ると、見事に油性インクの汚れは除去されていた。蘇鉄図は四曲一双であるから、8枚の絵を延べ400時間かけてクリーニングすることに成功したのである。これはまさに長年の熟練による職人技とその執念と化学処理技術が結びついて成しえた画期的修復作業といえる。
蕪村の絵はよみがえった。蕪村の200回忌に当たる昭和58年9月に名古屋の武智氏のもとから修復された「蘇鉄図屏風」と「寒山拾得図襖絵」が妙法寺に返却されたのであった。

武智光春氏は平成14(2002)年5月5日にご逝去になられました。大恩人である武智氏のご冥福を心より祈念いたします。合掌

2015/04/18版
与謝蕪村の生涯へ  トップメニューへ戻る